自営業者なら消費者金融がいい?

MENU

自営業者なら消費者金融がいい?

銀行のカードローンの審査では、年収や勤務先が重要だと思われ、自営業者(個人事業主)が申し込む場合、審査に通るのが難しいと言われています。

 

自営業者の方で、過去に三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、オリックス銀行のカードローンの審査に落ちた人もいます。

 

審査に落ちた原因は教えてくれないので、自営業という事が原因ではないかもしれませんが、消費者金融の審査の場合は、自営業ということだけが原因で落ちることはありません。

 

自営業者者で銀行カードローンの審査に何度も落ちている人は、プロミスやアコムなどの大手消費者金融での申し込みを検討するのが良いかもしれません。

 

【銀行カードローンの審査ポイント】

 

問われる内容は消費者金融と同じことですが、中でも重要なポイントがあります。

 

年収、勤務先と勤続年数、雇用形態、住居環境と居住年数、
他社の借り入れ、個人信用情報のキズ

 

個人信用情報や多重債務かどうかは当然ですが、
勤務先や勤続年数などは信用度です。貸したお金が回収できるかどうか、どれだけ確実なのかというのがポイントになります。

 

たとえば公務員や大手企業に勤務している人は有利ですが、年収が高くても中小企業や自営業の人だと不利になったりします。

 

雇用形態は、一番良いのが正社員ですが、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトでも審査に通ることがあります。しかし、自営業者が審査に落ちるのはよくある話です。

 

カードローンの申込み条件に「継続・安定した収入」という項目が大抵はありますが、自営業のかたの場合、”継続・安定”という点が不確実です。

 

特に事業を始めたばかりの自営業者の場合、カードローンの審査に通るのは難しいと思われます。

 

銀行カードローンは、最低限度額が10万円からと、消費者金融より大きくなっていることが多く、大口融資にも対応しています。高額のお金を借りるためには、その人の返済能力や信用度がさらに大きく関係してきます。

 

【消費者金融はなぜ手軽なの?】

 

消費者金融の場合小口融資が基本で、年収が低い人や自営業者でも手軽に借りられる可能性が高いです。

一瞬の決断が損得につながる取引環境では、本当に必要なサービスを提供できる信頼のおけるブローカーが必要です。しかし、効率と費用対効果の高い方法で必要なものを正確に提供してくれるところを探すのは容易ではありません。

www.asktraders.com/jp

 

また消費者金融は、個人向け無担保融資のデータが豊富で、独自のノウハウがあり、利用者の返済能力や信用度を調査するのが得意です。

 

銀行カードローンでの審査には通らない人でも、消費者金融では貸してくれることがあります。

 

信用度が低い人の場合は、契約時の借入限度額が10万円以下になることがあります。まずは10万円の限度額で融資して、一定の契約年数が経過し、返済実績があれば限度額の増額に応じてくれます。

 

【プロミスとアコムの場合】

 

自営業者がプロミスとアコムで同時に申し込みを行ってみたら、

 

アコムの場合、収入証明書を提出することで、借入限度額が10万円から30万円にアップしました。
プロミスの場合、契約について説明を受けている間に10万円から30万円にアップしました。

 

このように、入力した情報だけではなく、担当したオペレーターの判断も限度額や審査に影響しているのかもしれません。